人生の3大資金を把握する

ファイナンシャルプランナーなどのお金の専門家によれば、私たちの人生には3つの大きな費用がかかってくるそうです。教育、住宅、老後の3つです。これらの費用は非常に大きなものになりますので、あらかじめ備えて貯蓄をしていく必要があります。

もちろん子供を持つ予定がないという夫婦であれば教育資金は不要になりますが、そうなると自分たちの老後の費用は間違いなく自分たちで用意しておく必要があります。教育資金が入 不要な分、老後資金を多めに貯めるといった準備が必要になってくるでしょう。また、住宅に関してはマイホームを持つつもりがないのであればこれも大きな額をためる必要はないと思いがちですが、住む家が持ち家ではないのであれば、賃貸のお金が死ぬまでかかることになります。この部分を見据えてお金を貯めていく必要があるわけで、結局のところはある程度はお金を貯めておかなければ将来の自分の生活の質が下げざるをえなくなってしまいます。次に3大資金それぞれを見ていきましょう。

教育資金

教育資金とは、子供が小学校に入学してから高校や大学を卒業して社会人になるまでの間にかかってくるお金のことをいいます。現在では8割近い人が大学や専門学校に通っていますので、教育資金を準備するのであれば大学の授業料を計画に入れておくライフプランが必要となってきます。もちろん子供さんの人数分必要になってきますので金額的には大きな金額になってきます。
また子供さんが2人以上おられる場合に、お子さんの年齢差がどの程度離れているのかということも考慮に入れておく必要があります。というのも、例えば2歳差とか1歳差といった比較的年齢差が少ない兄弟姉妹であれば教育資金が必要な期間も最短で済みます。早く教育資金が不要になる分その後の老後に対する備え等に注力することができます。

住宅資金

いつかは我が家をと思っているのであればマイホームを購入するための準備も必要になってきます。特に重要なのがお金で、自己資金をどの程度貯めるのか、住宅ローンはどのような商品を選ぶのかといったことを考慮に入れてライフプランを作成する必要があります。もちろん住宅ローンなどの融資を受けたのであれば、その後の金利の支払いや負担具合を考慮し、繰り上げ返済をしたりいつまでに完済をするのかといったことも考えておいた方が良いでしょう。

老後資金

老後の生活資金が充分でない老後破産とか老後破綻と言った言葉がメディアを賑わせていますが、公的年金をあてにした老後の人生は少し見通しが暗くなっているようです。公的年金では賄い切れない老後の生活に必要な資金は老後資金として準備しておくのが無難です。今は年金定期便で将来自分がいくら程度の年金をもらえるのかが把握できますので、どの程度お金を用意しておくのかをあらかじめライフプランとして組み込んでおくわけです。これも計画をするのは早ければ早いほど良いですが、多くのファイナンシャルプランナーは40代になったら遅くとも老後を意識した資金作りを始めましょうと言っています。

また、自分たちの老後だけでなく親の老後も考慮に入れておく必要があるかもしれません。親に介護が必要になった場合、自宅で介護するのか介護施設に預けるのかでかかる費用は大きく異なってきます。そういった出費に備えるため、親の貯蓄額がどのくらいあるのかといったことを把握しておくのもライフプランの計画性を向上させるには重要なポイントになってきます。